しあわせチーズ工房
 

たくさんの人に
「ありがとう」と「しあわせ」を

しあわせチーズ工房は、北海道足寄町茂喜登牛の山の上にある小さな工房です。
チーズの原料は、主に「ありがとう牧場」の生乳を使用。

牛にストレスのない通年放牧と、季節の青草の香りのする、やさしい味の牛乳です。

自然のリズムを崩さないよう、毎朝搾りたての温かい生乳を使い、昔ながらの銅釜で丁寧に製造、そして出来上がったチーズは1年を通して温度の安定した半地下の熟成庫で熟成することで、ここ茂喜登牛でしか作れないチーズになります。
​見渡す限りの美しい丘陵地帯が広がる足寄から、
たくさんの人に「ありがとう」と「しあわせ」をお届けします。

チーズ

products

チーズ職人

本間 幸雄

​Sachio Honma
  • Instagram_本間 幸雄

高校生の頃から憧れていたチーズ職人になるため、地元長野県の農業大学校を卒業後、自分の理想とするチーズを作れる場所を探して北海道へ移住。道内の牧場を訪ね歩き、搾りたての生乳を分けてもらっては持参した寸胴鍋とカセットコンロでその場でチーズを作って回りました。その中の1軒、足寄町の「ありがとう牧場」の吉川さんの酪農に対する姿勢に強く共感し、ありがとう牧場の牛乳でチーズを作ることを決意しました。

2013年「ありがとう牧場しあわせチーズ工房」としてチーズの製造を開始

2016年「しあわせチーズ工房」として独立

2016年4月ギルド・デ・フロマジェ協会よりギャルド・エ・ジュレを叙任する

IMG_0818.JPG

原料乳について

about raw milk

しあわせチーズ工房は、
信頼する近隣の牧場の原料乳でチーズを作っています

 

ありがとう牧場

牧場主の吉川さんは長野県ご出身。北海道の大学に進学後、穀物主体の日本の酪農に疑問を抱き、放牧酪農が盛んなニュージーランドへ。現地の大学で学び、現地の農場で4年働いたのち帰国。縁あって2000年に足寄町に就農されました。
ありがとう牧場の牛は、無農薬・無化学肥料の自然な放牧地で毎日のびのびと草を食みます。与える穀物を最小限に抑えることで、本来草食動物である牛が、草を食べ、ふん尿を土地に還元し、痩せた土地を蘇らせてくれる循環型の放牧酪農を実践しています。
季節によって風味が変わるありがとう牧場の牛乳は、そんな自然の循環からのおすそ分けです。

1/9

石田めん羊牧場

  • Instagram_石田めん羊牧場

肉用種の中でも「羊肉の王様」と言われる「サウスダウン種」を中心に、品質の高い羊肉を全国へ送り出している石田めん羊牧場。

牧場主の石田さんご夫妻は、「余すことなく命を頂く」という事を常に意識し、繁殖・飼育・解体・出荷、さらにはレストランで料理として提供するまで一貫して手掛けます。
2016年からは「フライスランド種」の搾乳を開始。その羊乳をチーズに使っています。

1/6

アクセス

access
株式会社しあわせチーズ工房
239066983_4055854714543264_4908585818269497697_n.jpg

〒089-3737

北海道足寄郡足寄町茂喜登牛141-4

Tel: 0156-26-2585

Fax: 050-3730-5946

Mail: info@shiawasecheese.com

​※ご来店の際は事前にご連絡をお願いいたします。

 
contact

​お問い合わせ

メッセージを送信しました